*

 CKDは無症状のうちに徐々に進展するため、一般住民における認知度は未だに低い現状です。CKD普及啓発の目的で、毎年3月の第二木曜日が世界腎臓デー(World Kidney Day)と制定され、CKD対策のキャンペーンを岡山市でも2008年より実施しています。このようなCKD・CVD普及啓発活動や、岡山市国民健康保険特定健診におけるCKDのスクリーニングと受診勧奨等、今後も継続的に取り組む予定です。
 2014年3月16日には、2012年に続き、岡山タカシマヤにて「世界腎臓デー2014 in おかやま」を開催しました(図1)。検尿チェックキット引換券頒布、健康相談コーナー、血圧測定、CKDミニ講習会、CKD啓発パンフレット頒布などを実施し、ボランティアスタッフ50名強、一般市民500名のご参加がありました。また、2014年2〜3月に、岡山市役所庁舎、岡山県庁舎、岡山タカシマヤに、CKD及び健診受診の啓発用懸垂幕を掲出していただきました(図4-6)。
 平成25年11月17日(日)には、CKD県民公開講座(主催:岡山県医師会, 共催:CKD・CVD対策専門部会, 岡山大学病院)を岡山衛生会館にて実施しました。健康相談、食事の相談、お薬の相談、血圧測定、検尿キット配布を行い、午後の部では講演会とQ&Aを開催し、230名以上の県民の方にご参加いただきました。今年は、平成26年10月13日に、岡山衛生会館にてCKD県民公開講座の実施予定としていますので、是非ご参加ください。

* 図1 世界腎臓デー2014in 岡山
* 図2 2CKDミニレクチャー
* 図3 血圧測定コーナー
* 図4 健康相談(腎臓専門医)
* 図5 岡山市役所庁舎でのCKD啓発懸垂幕掲出
* 図6 岡山県庁舎でのCKD啓発懸垂幕掲出
* 図7 岡山タカシマヤでのCKD啓発懸垂幕掲出
Copyright (C) OKAYAMA UNIVERSITY HOSPITAL DIABETES CENTER. All Rights Reserved.